お金と投資

【米国株】巨額のIPOが次々と.2021年も活況の予想.

巨額のIPOが次々と.2021年も活況の予想.

こんにちは!ミズキです.

コロナの感染拡大にともなって,各国中央銀行は市場に資金を投入しています.

一時大幅に株価が下がりましたが,急激に値を戻しており高値圏を超えていて,コロナバブルともいわれ懸念がでています.

このような市況の中,2020年はアメリカ市場は巨額のIPOが次々に行われました.IPOの価値が過去最高の約2倍になっています.

今回は2021年のIPOについて書きつづろうと思います.

スポンサーリンク


2020年はIPOが活況.

2020年はコロナの感染拡大にともなって株価が乱高下しました.

しかし,各国政府や中央銀行が市場に大量に資金を供給したため,一気に株高になり,アメリカ市場では,ニューヨークダウが3万ドルを突破するなどバブルの懸念も出ています.

金あまりの状態の中,IPOラッシュとなっていて,2020年は新規IPOの価値が過去最高の約2倍まで膨らむことになりました.

AirbnbDoorDashSnowflakeは2020年後半に上場しましたので,覚えている人も多いのではないでしょうか.ユニコーン企業が次々に株式公開しています.

2021年も巨額IPOが予測されている.

2020年は過去最大のIPO規模でしたが,2021年も巨額のIPOが行われることが予想されています.以下はIPOが予想されている企業になります.

UiPath:RPAプラットフォームの企業
Databricks:AIや機械学習の統合データプラットフォームを提供する企業
Roblox:多人数参加型のオンラインやゲーム作成のためのプラットフォームを提供する企業
Robinhood:株取引のアプリを運営するプラットフォーム企業

ほかにも,昨年話題になったTikTokを運営するbytedanceも上場を検討しているのではないかとの一部報道も出ています.

新規IPOへの投資は注意が必要.

現在は金あまりの状態になっており,なおかつ今後成長が期待できるAIやプラットフォーム企業がIPOを予定しているため,今後もIPOの規模は大きくなることが予想されます.

AirbnbやDoorDash,Snowflakeなどは今後も成長が予想されますし,これからIPOする企業も成長していくでしょう.

ただ,長期的な投資に向いているかどうかは分かりません.

収益モデルが確立していない企業が散見されるからです.

安易にIPOブームに乗るのではなく,企業の成長を見定めてから投資をしても遅くないと思います.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!