お金と投資

【Around】ZOOM終了?新たなビデオ会議ツールが出てきた.

新たなビデオ会議ツールが出てきた.

ZOOM会議多いですね.

こんにちは!ミズキです.

2020年の春頃から会議や打ち合わせはすべて対面ではなくビデオ会議ツールを使ってきました.

Cisco WebexやZOOM,Google Meetを使っていたのですが,Cisco Webex,Google Meetの使い勝手がなかなか改善されずに今はほとんどの会議や打ち合わせがZOOMになってしまいました.

個人的にはシスコの株を保有していますので,サービスの改善を図ってもらって,稼げるところではしっかりと稼いでほしいのですが,こればっかりはZOOMに軍配が上がりそうです.

スポンサーリンク


Around.新たなビデオ会議ツール.

すでにビデオ会議ツールがZOOMに席巻されそうな勢いになっていますが,アメリカで新たなビデオ会議ツールが話題になっています.

わたしはまだ使ったことはありませんが,「Around」といって,ウェブサイトや紹介ブログなどで調べてみると,ZOOMでは不便と感じていたところが改善されていて,使い勝手は良さそうです.

第2のZOOMになるかどうか期待できます.

気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか.

仕事の仕方が変わっている.

一年前まではほとんどビデオ会議をしたことがありませんでしたので,最初は戸惑っていました.

今は戸惑いなく使いこなせています.

ZOOM以外にもTeamsやSlack,Dropboxなどのさまざまツールを使っていて,一気に仕事の仕方が変わってしまいました.

わたしの会社は紙が主流だったのが,昨年から一気にデジタル化していて紙は基本的にダメになりました.

わたし自身は6年前からデジタル化を主張していて,紙を使わない仕事のスタイルを確立していたので,会社のあまりの変貌ぶりに驚いています.

2020年代はこういった劇的な変化の10年になるのではないでしょうか.

日本独自のサービスがほしい.

ZOOMもそうですが,TeamsやSlack,Dropboxはすべてアメリカ発のサービスです.

グローバルに展開していますから企業の成長も早いでしょうし,開発資金も集まりやすいためどんどん改善がなされていきます.

この点だけでもアメリカの企業は強いなと思います.

一方で,多くの人が日本独自のサービスを期待しているでしょう.

海外のサービスはやはり使い勝手が悪い部分もありますので,日本人視点のモノがいいのかもしれません.

世界を目指せるサービス・スタートアップが日本から出てきてほしいと思います.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ