お金と投資

【資産運用】年収500万円の壁があるらしい.大事なのは額じゃなく割合.

【資産運用】年収500万円の壁があるらしい.大事なのは額じゃなく割合.

株高が続いています.

こんにちは!ミズキです.

コロナショックがあって一時期は株が下落しましたが,日米欧の中央銀行が大規模な金融緩和をしたおかげで急激に値を戻しています.

特に日経平均はドル建てで30年ぶりの高値をつけていて,世界中の投資家は日本株が絶好調のように感じています.

ニュースでも株高と報じられていますから,投資に馴染みのない人も興味を持ち始めています.

「投資はいくらから始めればいいのか」という問いは耳にたこができるくらいです.

年収500万円の壁.

資産運用に関して「年収500万円の壁」があると言われています.

わたしは聞いたことがないのですが(一般的だったらすいません),年収500万円を境に,資産運用がし易いか,難しいかが分かれるそうです.

この真しやかな話を検証た記事がありました.

年収が高くなればなるほど,資産運用をしている人の割合が増えていますが,年収500万円あたりからその割合が5割を超えるようです.

余裕が出てくるのが年収500万円あたり?

年収500万円をもらっている人は,月々の手取りがおよそ25万ー30万円くらいでしょうか.

ボーナスがありますのでこの点は違ってきますが,手取りでおよそ年400万円くらいになります.

一人暮らしの場合は,このくらいの給与であればかなり余裕があるのではないでしょうか.

結婚していて,子どもがいるとギリギリだと思います.

資産運用は余裕資金でおこなった方がいいので,年収500万円あたりから投資家割合が増えるのはある程度妥当だと思います.

資産運用は年収関係ない.

「年収500万円の壁」があるとされていますが,ある程度妥当性があるのかなと思います.

ただ,資産運用に関しては,全ての働く人がおこなった方がよくて,特に収入が少ない人ほどしっかりと資産運用すべきでしょう.

年収が高ければ運用しなくても貯蓄だけである程度の資産は築けますが,年収が低い場合は貯蓄だけでは難しく,複利のパワーを活用すべきです.

「投資はいくらから始めればいいのか」という質問に対する回答は,「手取り収入の10%です」がしっくりくるように思えます.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ