家計

【資産形成】お金があっても不安な理由.目標設定をする.

スポンサーリンク


お金があっても不安.

こんにちは!ミズキです.

コロナ禍で収入が減り,将来に対するお金の不安を持たれている人も多いと思います.

特に若い世代は将来に対する不安は大きく,仕事や年金などの不安要素ばっかりが重くのしかかり,20代で老後の心配をするような悲しい状況になっています.

どの世代であっても将来のお金の不安は尽きませんが,少なくとも目標設定をすることによって不安が解消される面があると思います.

スポンサーリンク


若くても不安になる.

25歳で年収450万円,金融資産が600万円あるが将来が不安という記事がありました.

この方は彼女と同棲していて,世帯収入が900万円あり,年齢からするとパワーカップルといってもいいと思います.

支出も月15万円に抑えられていて,年間の貯蓄額も150万円と正直すばらしいと思います.

このまま貯蓄を進めれば,投資をしなくても65歳時点で6000万円以上貯めることが出来ます.

このような世帯であっても不安があるということは,多くの人が不安をぬぐえていないのだと思います.

まずは目標設定をする.

将来のお金の不安があるのは,年金がもらえなくなるとか,いつまでにどのくらいの金額を貯蓄しなくてはいけないのか分からないといった不確定要素が多いからだと思っています.

そのため,まずは目標設定をすることから初めて見てはいかがでしょうか.

例えば,65歳で必要な資産は以下のように逆算してみます.

65歳で現役の時の8割の支出で生活.
年金は65歳で所得代替率は3−4割.
残りの4−5割を資産から補填.
100歳まで生きるとして,35年間分の補填.

支出の計算が出来れば,目標資産額が設定できます.

支出や年金の額が変更になれば,その都度計算をやり直して,目標を再設定すればいいのです.

情報を整理して不安を減らす.

だれしも将来に対する不安はあると思いますが,不安が生まれる要因の一つは「知らない・わからない」ことだと思います.

つまり,現在の毎月の支出はどのくらいかとか,年間どのくらい貯蓄できているとかこういった情報をひとつひとつ整理すれば,具体的にどう行動すればいいのかが分かってきます.

日頃から政治や経済ニュースを把握することも大切で,リテラシーを上げないと将来悲惨な状況になります.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ