お金と投資

【日本株】バルミューダ上場.日本発家電は世界で成功できるか.

【日本株】バルミューダ上場.日本発家電は世界で成功できるか.

こんにちは!ミズキです.

おしゃれな家電で知られるバルミューダが東証マザーズ市場に上場しました.

順調に株価が上がっているようです.

日本の家電メーカーと言えば,東芝やパナソニックなどが挙げられますが,機能が高い商品ばかりでおしゃれ家電と呼べる商品は多くはないでしょう.

消費者の感度も高くなり,おしゃれ家電が多い海外製品に流れています.

今回は家電市場にシンプルな機能でおしゃれな家電を提供して一気に成長したバルミューダについて,書きつづろうと思います.

  • バルミューダ上場.順調なスタート.
  • おしゃれ家電で世界に出る.
  • 今後の成長に期待.

スポンサーリンク


バルミューダ上場.順調なスタート.

家電の設計,開発,販売を行っているバルミューダが,2020年12月16日に東証マザーズ市場に上場しました.

公募価格は1930円のところ,初値が3150円となり投資家の期待が高いことがわかります.

株価は順調に伸びており,5000円を超えていて,時価総額も400億円まで膨らんでいます.

寺尾社長は上場会見で,調達した資金の使い道について聞かれ,

もっと大きなチャレンジをするための資金調達として活用したい

と述べており,人材確保システムの最良化ブランド価値向上の3つのジャンルに資金を投入する予定とのことです.

おしゃれ家電で世界に出る.

バルミューダはデザイン性も値段も高い商品が多いという印象があると思いますが,シンプルな機能でも消費者を満足させることができる「体験価値」を提供しています.

日本の家電メーカーといえば,東芝やパナソニックなどが挙げられますが,このような巨大企業が世界で勝ち残ることが出来なくなった原因の一つが「体験価値」を提供できなかったためだと思います.

アップルを例に挙げると理解しやすいと思いますが,アップルの製品を使っていること自体に価値を見出すことができるという新たな価値観です.

今の時代はデザイン性があったり高機能だったりの家電は多くありますが,いかに新たな価値を提供できるかが生き残れるか否かのカギになります.

バルミューダはすでに東南アジアには進出しているようですが,今後はアメリカにも進出すると思われますので,世界中でどのような反応になるのか興味がわきます.

今後の成長に期待.

世界を席巻するような家電メーカーが日本から無くなってずいぶん時間がたったように思います.

今の十代やそれ以下の世代は,パソコンやテレビで日本のメーカーがトップを走っていたことは分からないでしょう.

バルミューダを筆頭に新しい発想をもったメーカーが出てくることで,新たな市場価値を創っていくことが日本が復活するカギになると思います.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

投資を始めるならLINE証券からどうぞ.