仕事

【仕事】嫌いな上司の特徴ランキング.なかなか手厳しい.

【仕事】嫌いな上司の特徴ランキング.なかなか手厳しい.

テレワークは快適.

こんにちは!ミズキです.
2020年はテレワークが一気に普及しましたが,年後半になると出勤へと切り替える企業が増えてしまいました.

しかし,2021年になってから緊急事態宣言が出されて,テレワークに戻した企業も多いのではないでしょうか.

主に自宅で仕事になると思いますが,チャットシステムやビデオ会議システムを導入して,できるだけ職場で一緒に働いていたときと同じような環境を作ろうとされているでしょう.

人と会わないことでストレスを感じている人もいるかも知れませんが,嫌いな上司と会う機会が減ってストレスが軽減した人もいるかも知れません.

嫌いな上司の特徴ランキングが厳しい.

株式会社ビズヒッツが「嫌いな上司の特徴ランキング!男女500人アンケート調査」を発表しました.

職場に嫌いな上司がいる人が73.2%に上っていますが,個人的には100%に近い値になるのではないかと思っていたので以外でした.

また,嫌いな上司の特徴に挙げられているものは,どれも納得の特徴です.

すべての項目に対して理由が付けられていて,どれもかわいそうなくらいひどい上司だなと思ってしまいます.みなさん苦労されているようです.

上司視点では手厳しい.

わたしも職場では部下がいますので,できるだけコミュニケーションを取るように努めています.

ただ,部署の方針を決めなくてはいけない場面や部下を叱らなければいけない場面もありますので,部下にとって「嫌いな上司」になる要素はあります.

もうすでに嫌われているのかもしれません.結構表裏一体ではないかと思います.

おそらくですが,嫌いな上司になってしまう人はマネジメントができておらず,部下との信頼関係が築けていないのではないでしょうか.

試されているのかもしれない.

部下にとってみると,上司の出来・不出来で,働き方もモチベーションも成果も変わってしまいますから,いい上司の元で働きたいはずです.

ただ,上司は指名できませんから,サイコロを振るようなモノになってしまいます.

上司が嫌いになった,あるいは嫌いな上司にあたってしまった場合は,逆に奮い立って仕事に集中しましょう.

こういう上司はどの部署でも疎まれることが多いので,自分の評価を上げるチャンスかも知れません.

逆境な時ほど,心の持ちようが試されます.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ