仕事

【働き方】意外と有り?協同労働という働き方.

スポンサーリンク


【働き方】意外と有り?協同労働という働き方.

こんにちは!ミズキです.

多くの人が会社組織に所属して働いていると思います.

通常は上司や部下の関係が生まれますから,ここにストレスを感じることはあるでしょう.

上司も部下もストレスを感じていて,ある意味資本主義社会の闇みたいになっています.

ストレスフルな社会から脱出したいとアーリーリタイアを目指したくなる気持ちもわかります.

社会の歯車となるのが嫌ということもあるかもしれません.

働き方の試行錯誤が始まっているようです.

スポンサーリンク


協同労働は未来の働き方?

協同労働という働き方があります.

出資者,経営者,労働者が同一で,全員で話し合って意思決定をし,利益配分も全員で決めるという仕組みです.

メリットとしては,上司部下の関係がない,経営参画できる,働いた分だけリターンがあると言うことでしょうか.

デメリットは,投資家からお金を集められないので事業拡大が難しい,人数が増えると意思決定が難しい,あるいは遅くなる,責任の範囲が曖昧,サボる人がいたらどうする??になるかと思います.

個人的には小規模(2,3人くらい)であれば比較的うまくいきそうな気がしますが,5人を超えると失敗する可能性が高いのではないかと思います.

出資,経営,労働を全てこなすのは結構ハードルが高いでしょう.

自然と上下関係ができそうな気がします.

株式会社には理由がある.

さまざまな働き方や組織の形態が模索されてきましたが,結局は株式会社(アップル,アマゾンの日本法人は合同会社です)が大多数を占めています.

もちろん株式会社にはデメリットがありますが,メリットの方がはるかに大きいために生き残っている形であり,今のところ置き換わるモノは無さそうです.

経営者も労働者も働きますが,出資者イコール株主は働かなくても利益の分配がもらえます.

資本主義社会において,この立場はかなり魅力的ではないでしょうか.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ