お金と投資

【ESG投資】管理職の女性比率が30%になるのは25年後?遅すぎませんかね.

管理職の女性比率が30%になるのは25年後?遅すぎませんかね.

議員さんは仕事してほしい.

こんにちは!ミズキです.

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長が女性を蔑視する発言をして辞任に追い込まれました.

その後の混乱は周知のことと思いますが,新しくオリンピック担当大臣に就任した丸川氏は男女共同参画の大臣も兼務していますが,選択的夫婦別姓に反対していることから,まだ火種は残っているようです.

特に夫婦同氏を強制する制度は国連人権理事会などから何度も問題視されていて,何年も議論されていますが,国会議員の方々は一向に課題解決する気がありません.

ここ数年はESG投資が盛んに行われる様になりましたが,日本がその対象から外れるのではないかと思えてしまいます.

スポンサーリンク


25年後とか遅すぎ.

電通総研は2021年3月2日に「ジェンダーに関する意識調査」を発表しました.全国18~79歳の男女計3000名を対象にしています.

男女平等に関する意識調査は非常に興味深く拝見したのですが,特に気になったのが,企業の管理職の女性比率が30%になるのが25年後と予想しているところです.

個人的には非常に根深い問題だと思っていて,一般の人達が25年後と認識しているということは,次の世代と思っていることとほぼイコールで,こういった深層意識が企業にも浸透しているのではないかと思います.

また,政府の目標として2020年に管理職の女性比率が少なくとも30%にするとしていましたが,実際は10%にも届いていません.

今の内閣の顔ぶれを見てもほとんど女性はいませんから,「先ず隗より始めよ」といいたいところで,上辺だけ取り繕ってもしょうがないのかなと思います.

いっそのこと議員の一定割合を男女に割り当てる「クォーター制」を導入してはどうかと思います.

投資対象外になります.

ESG投資とは,環境(Environment),社会(Social),ガバナンス(Governance)の要素を考慮した投資のことを指しています.

年金を運用しているGPIFなど多くの機関投資家はESG投資に積極的になっていて,女性活躍を推進していることを注視しています.(個人的に女性活躍という言葉は引っかかりますが..)

女性が活躍する会社をどう作っていくのかが問われていて,それに答えを出し続けられないと投資されなくなります.

これからの時代は社会的課題を解決しつつ,利益を出せる企業が生き残っていくことになります.

投資家の仕事?

わたしが勤務する会社は中小企業ですが,すでに管理職の女性比率は40%ほどになっていて,ここ5年位で一気に変わりました.

結局は上の役職の人がどう考えるかになっているように思いますし,そう考えるとESGを指標にして投資するという判断は強烈ですし,対応できなければ資金は集まらないので,上の役職の人の意識も変わらざるを得ません.

投資をする目的は,当然ながら資産形成をすることですが,投資をすることによって社会貢献ができるというのは素晴らしいと思いますし,しっかりと企業を見極めた上で投資を行うことが求められるのではないでしょうか.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ