家計

【家計】「お金はあるが使えない人」が重視したい割合の話.

「お金はあるが使えない人」が重視したい割合の話.

お金は多く持っていたほうがいい.

こんにちは!ミズキです.

テレビや雑誌,Youtubeなどでは節約やコスパのいい商品など,お金を使わずに増やす方法論が多くあります.

節約が趣味という人もいるでしょう.

お金を多く持っているということは,その分取れる選択肢が多くなりますから,お金があるに越したことはありません.

ただ,将来の不安から節約をしすぎて,今現在が不幸せになっていないか,今現在を犠牲にしていないかは考える必要があると思います.

満足するお金の使い方をするために重視したいのが,割合を重視するということになります.

スポンサーリンク


割合で考える.

貯蓄をしたいと思ったときに真っ先に浮かぶのが家計簿をつけることだと思います.

毎月の収入と支出を把握し,支出が収入を超えることがなければ,少なくとも貯蓄は増えていくことになります.

ただ,ここでもう一歩進んで考えると,それぞれの支出が収入に対して何%くらいになっているかを把握したほうがより良いのではないかと思います.

食費が何%で,家賃が何%というようにざっくりとしてもいいと思います.

そうすることにより,収入と支出の金額が変化しても,割合を把握することにより,使いすぎや,使わなさすぎということがわかります.

収入が増えていけば,支出項目の割合に応じって支出を増やすことが出来ますから,収入を増やすためのモチベーションも上がりますし,いくら位お金を使えるのかがわかりますから,自分自身が良いと思えるモノにお金を使えることになります.

投資家の家計簿.

投資家であれば,いくら儲かったとか,いくら損をしたといった金額ベースの考え方はあまり好ましくありません.

投資は割合で考えますから,何%上がった下がったを気にすべきでしょう.

将来の不安から資産形成をする場合も同じで,毎月の収入から10%投資に回すということは基本で,さらに増やしたい場合は20%や30%に投資割合を増やすということになります.

今現在の生活も大切ですし,将来の生活も大切だと思います.

その両方を満たすためには割合で考えるというのは如何でしょうか.

参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ