仕事

社畜は減らせる?アフターコロナの働き方.

社畜は減らせる?アフターコロナの働き方.

春になって活動が活発に.

こんにちは!ミズキです.

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大にともなって出社を減らしたり,テレワークを実施したりと働き方の変化が大きかった年になりました.

ただ,徐々に働き方がもとに戻っているように思えていて,テレワーク実施率も下がってきているようです.

第4波が来るのではないかと言われているのですが,すでに人々の活動は活発になっていますから,感染拡大を止めることは実質的に難しいのではないでしょうか.

アフターコロナを見越した動きも活発になってきていて,働き方をどうするのか注目されます.

スポンサーリンク


テレワーク社畜爆誕.

テレワークをしていると,通勤時間が削減できますし,通勤以外の準備時間等も削減できますから,ビフォアーコロナよりも大幅に時間が確保できるようになりました.

多くの人がこれらの時間を使って,副業とか趣味に時間を割くことが出来たわけですが,逆に移動等に掛かる時間をそのまま労働に置き換えた「テレワーク社畜」なるものが出てきてしまったようです.

自宅と仕事場を移動することによって意識的にオンとオフの切り替えが出来ていましたが,移動がなくなったことによりずっと仕事をしてしまい,結果として長時間労働となってしまうことが起こっています.

テレワーク社畜を防ぐには自分で意識的に労働時間を管理することが必要になりますが,上司も積極的にコミュニケーションを取るなどして働きすぎを防止しないと,図らずも長時間労働に陥ってしまうということもありえます.

テレワークによって新たな問題が発生してしまうことになり,臨機応変に対応することが求められるでしょう.

社畜は減らせない?

日本はメンバーシップ型の雇用からジョブ型の雇用にシフトしていくと言われていますが,現状ではそれほど大きな変化は起こっていないと思います.

徐々に変化をしていくとは思いますが,中小企業ではメンバーシップ型の雇用のほうが合っていますし,何より働く人の意識を突然変えることは難しいと思います.

今後働き方が変化したとしても,社畜に陥ってしまう人は必ず出てくるでしょうし,会社のいいなりになっていたら社畜まっしぐらです.

これからは自分の働き方や休み方を確立することが求められ,もしセルフコントロールが出来なければ,仕事ができない人の烙印を押されてしまいます.

他人に判断を委ねていては,まともに働くことも難しくなるでしょう.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ