生活

【ふるさと納税】名古屋が参戦.流出額を減らせるか.

名古屋が参戦.流出額を減らせるか.

節税したいですが.

こんにちは!ミズキです.

会社勤めだと源泉徴収されますから,手取り収入で生活することになります.

控除される項目も極端に少ないので,なかなか節税意識も少ないと思います.

ただ,年々収める税金は上がっていますし,今後も上がっていくでしょう.

直接節税効果があるわけではないのですが,返礼品がもらえるため人気の高いふるさと納税は数少ない家計を助ける寄附制度です.

返礼品競争が過熱しているため,自治体にとっては死活問題になっているようです.

名古屋市が参戦.ふるさと納税.

ふるさと納税は,自分が応援したい自治体へ寄附をすることによって2000円を除いた全額が控除される制度です.

収入によって上限額が決まっていますが,自分で自治体を選ぶことが出来ますし,返礼品ももらえますからかなりお得な制度になっています.

大都市や都市部から地方への税源移譲の一環のようですが,あまりにも人気があるために都市部の自治体で運営が厳しくなるなど弊害も出てきているようです.

ふるさと納税による税金の流出額で全国第2位の名古屋市がふるさと納税の返礼品競争に参戦しました.

流出額が80億円を超えるようなので,いくら税収が多い市とはいえどもすでに限界を超えてしまったのでしょう.

川崎市は政令指定市で唯一国から地方交付税交付金を受け取ることができない不交付団体となっていて,実質的に全国でもっとも流出額が多くなっています.

川崎市もすでにふるさと納税に参戦していますので,税金を取り戻すために必死になっています.

自治体は疲弊していますが.

規模の大きな自治体から多額の税金が地方に流れていて,流出額が大きい自治体では予算が確保できないため公共の設備を揃えることができなくなったり,行政サービスの見直しを迫られていたりと,窮地に立たされている自治体が多くなってきました.

すでに返礼品競争になっていますから,都市部ではもともと不利な制度ですし,総務省からも制度を無くすような動きは見られませんので,厳しいですが自助努力が求められる時代になっています.

もしふるさと納税が原因で自分が住んでいるところで行政サービスが低下した場合は,甘んじて受け入れるしかなさそうです.

国民にはいい制度.

さまざまな問題があるふるさと納税制度ですが,制度が設けられている以上は有効に活用すべきだと思います.

ふるさと納税は収入が増えれば増えるほどに威力を発揮しますから,収入を上げる方法も必要になってくるでしょう.

特に今後は大増税時代が到来しますから,少しでも節約・節税できる方法を取り入れて,手元に残るお金を増やしていくことが求められます.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ