生活

【朗報】インフルエンザ激減.マスク着用が新習慣.

【朗報】インフルエンザ激減.マスク着用が新習慣.

こんにちは!ミズキです.

コロナの第3波がきているといってもいい感染者数を連日記録していますが,一方で,インフルエンザの感染者数は激減しているそうです.

冬になるとインフルエンザの流行が起こる可能性があり,医療機関が大変なことになるということが言われていましたが,今のところインフルエンザは増えておらず,コロナが増えているという状況になっています.

今回は現在の「新習慣」が「習慣」に変わるということについて,書きつづろうと思います.

  • コロナ感染者数は依然として多い.
  • インフルエンザ激減.
  • コロナ禍の新習慣が習慣に.

スポンサーリンク


コロナ感染者数は依然として多い.

新型コロナウイルスの最初の感染者が報告されたのが2019年12月だったので,およそ1年が経過したことになります.

コロナは全世界で蔓延しており,日本では第3波とも呼べるほど感染者数が増えています.現在のところ収束する兆しがありません.

ワクチン開発が急ピッチで進んでいて,進捗が報道されると株価が上下するなど今年の人々の重大な関心事であることは間違いないでしょう.

新しい生活様式として,マスク,手洗い,消毒を頻繁に行うようになりました.

インフルエンザ激減.

政府は5月に新しい生活様式を発表しました.感染症予防の3つの基本として,

身体的距離(ソーシャルディスタンス)の確保,マスク,手洗い

を挙げていて,日常生活においては「3密」を避けるということです.

半年が経過していますが,日常生活にすっかり入り込んでおり,多くの人が瞬間的に頭に浮かぶようになったのではないでしょうか.

多くの人の意識が向上した結果,冬になるとインフルエンザの流行が起こる可能性があり,医療機関が大変なことになるということが言われていましたが,現在のところインフルエンザの感染者数はこれまでに比べて激減していることがわかりました.

医療機関で働く人にとっては朗報ではないでしょうか.

コロナの感染拡大予防策が,インフルエンザの感染拡大予防にもなっていたということです.

考えてみればマスクや手洗いは以前から言われていたことで,気にしない人も多かったと思いますが,実際に行動してみると感染が予防できるというよい教訓になったと思います.

コロナ禍の新習慣が習慣に.

新型コロナウイルスの感染拡大によって新しい生活様式が定着しました.半ば強制的に定着したといっていいと思います.

コロナの感染拡大が収束するのはまだ先だと思いますが,アフターコロナになっても,急に以前のような日常生活に戻ることは難しいと思います.

すでに身体的距離(ソーシャルディスタンス)の確保,マスク,手洗いは習慣化されていますので,これらをやめるタイミングがわからくなっています.

いつまでも続く惰性の習慣になりそうな予感がしています.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!