仕事

【働き方】日本式の週休3日制はヤバい制度だった.

日本式の週休3日制はヤバい制度だった.

こんにちは!ミズキです.

今では週に5日働くことは一般的になっていますが,三十年以上前は6日働くことが普通でした.

学校も土曜が休みになったのは,わたしが高校生くらいの時ですので,それほど古い話ではないと思います.

日本は生産性が低いと長年言われてきましたが,アメリカ,イギリス,ドイツなどの先進国では週4日働くことが広まっており,生産性を高めることによって短い時間で稼ぐことができるようになっています.

日本もようやく生産性を意識する風潮がでてきたようですが,変な方向に向かっているようです.

スポンサーリンク


給料減らして週休3日.

加藤勝信官房長官は4月5日の記者会見で,希望すれば1週間に3日間の休みが取れる「選択的週休3日制」について,政府としても前向きに普及を進める考えを示しました.

日本でも本格的に週休3日の議論が進むかと期待しているのですが,実際は休んだ日数分だけ給料が引かれるようなので,単純に給料が減らされるようです.

普通に給料が減らされるようであれば,実質的に意味はなく,無駄な議論をしているようにしか思えません.

政府の仕事は,週休3日を普及させるために実施した企業に補助金を出すなど,インセンティブをつけてバックアップをすることではないでしょうか.

週休3日は当分先.

海外で活発に議論されている週休3日制ですが,日本における議論はまだまだ遅れていて,制度が整うのはまだ先のようです.

政府は副業解禁を呼びかけていますが,企業側の意識が変わらない限り,副業もしづらい雰囲気だと思います.

日本人は横並び意識がつよいので,制度が整えば週休3日も副業も一気に広まります.

議論が変な方向に向かわないか注視する必要があるでしょう.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ