生活

【介護保険】保険料爆上がり.負担増は続く.

スポンサーリンク


保険料爆上がり.負担増は続く.

こんにちは!ミズキです.

日本は高齢者が増えて,若い世代が減っていることは周知の事実だと思います.

病院には老人しかいないと揶揄されていて,コロナ禍になった今は高齢者の利用が減っているということですから,溜まり場的な利用になっていたことは否めません.

このまま高齢者が増えていけば,大変なことになることは想像に難くないですが,実際に懐事情に影響が出ると想像が現実化しているようで不安が増していきます.

スポンサーリンク


介護保険料爆上がり.

介護保険制度は2000年に始まって徐々に保険料は上がっていき,初めて6000円を突破しました.

約20年間でおよそ2倍以上になっていて,年率換算で5%以上上がっています.

今後も上がり続けることが予想されていて,健康保険料と共に新たな負担が生まれることになってしまいます.

公的年金は上がりすぎて実質的にはこれ以上国民が負担することは難しくなっていますが,介護保険料も国民の限界まで値上げしていく道を辿っていくでしょう.

現役世代も受益世代も厳しくなっていきます.

30年後には2万円近くまで上がるという予測があって,制度設計は大丈夫なのか疑問符がつくことになります.

将来破綻するのでは?

介護保険制度は始まってまだ20年ほどしか経っていませんが,実質的にもうすでにオワコン化しています.

20年や30年後にも持続可能かは全くわかりませんが,少なくとも若い世代の負担になり続けることは間違いないです.

日本人の平均の給料は30年近くほとんど上がっていませんから,年金と健康保険と介護保険は現役世代を大いに苦しめ続けるでしょう.

投資をしてお金に働いてもらわないと,人的資本だけでは将来大変なことになります.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ