家計

【家計】コロナで収入減.支出を見直そう!

【家計】コロナで収入減.支出を見直そう!

こんにちは!ミズキです.

コロナで収入減となった人も多いでしょう.

政府は2018年末までは景気は良かったという報告をしていましたが,実感がない人が多いと思います.

不景気に入りますので,今後も収入が大きく増えることはないことから,これを機に家計の支出を見直しましょう.

確認したい支出項目3つについて,書きつづろうと思います.

  • 携帯電話は格安スマホで十分.
  • 過剰な生命保険は不要.
  • 住居費が3割を超えない.

スポンサーリンク


携帯電話は格安スマホで十分.

菅氏が総理になってから,携帯電話料金の値下げについて連日のように報道されていました.

ドコモがNTTの子会社になるなど,大きな動きもありましたが,実際に携帯電話料金の値下げが行われたかというと,まだ実施されていないのが現状です.

KDDIもソフトバンクもサブブランドがあり,サブブランドで対応済みということで収束しそうです.

そうなると,大手キャリアで契約をしている人は,すぐにでも契約会社の見直しを行った方がいいと思います.

大手キャリアから格安スマホに乗り換えただけで,数千円安くなります.

過剰な生命保険は不要.

家計の支出で一番最初に挙がる項目として生命保険があると思います.

若いうちから生命保険をかけて,1万円を超えるような金額を払っている人もいるようですが,すぐに見直しましょう.

結婚されていたり,お子さんがいる家庭の場合は,生命保険を止めるのは不安でしょうから,ネットの生命保険で掛け捨てで十分だと思います.

単身者の場合は,生命保険は不要ですが,不安ならネットの生命保険で掛け捨てで十分です.

住居費が3割を超えない.

現在賃貸にお住まいの人限定になってしまいますが,住居費が3割を超えていたら安いところに引越しを検討してもいいと思います.

家賃は収入の3割が目安ということはよく聞きますが,根拠はないです.

逆に収入の3割だとなかなか貯蓄までお金が回せないのではないかと思います.

ただ,衣食住は生活の満足度を上げるために必要なモノになりますので,今のお住まいに満足されているのなら転居は最終手段になると思います.

あまり気にされない人は固定費を下げるという目的のため,家賃を下げることを考えてはいかがでしょうか.

もう一段の収入減に備えて

2020年の冬はボーナスカットあるいは減額となる人は多いと思います.

現在は不景気に入っていて,来年以降も収入が減っていく可能性が高いと思います.

以前から固定費の見直しというのは言われてきましたが,今後ますます重要になってくるでしょう.

自分で生活防衛しなくてはいけません.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ