米国株投資

【つみたてNISA】つみたてNISAの2021年1月分購入しました!

つみたてNISAの2021年1月分購入しました!

こんにちは!ミズキです.

つみたてNISAの1月分を購入しました.SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを33,333円分購入になります.

2020年2月から購入を始めましたので,450,500円の積立額になります.現時点で,50,480円の利益が出ています.(1月5日現在)

2020年は手続きの関係で2月からの購入になってしまいましたが,2021年は1月から購入したいと思います.

スポンサーリンク


SBI・バンガード・S&P500が純資産1000億円突破.

2020年12月24日にSBIアセットマネジメントが運用する「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」(SBI・バンガード・S&P500)の純資産が
1000億円を突破しました.

2019年9月26日から約1年3ヶ月でここまで大きくなったことになります.

同じベンチマークの三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が2300億円を突破していますので,今後も純資産額を伸ばし続けるでしょう.

日本円で海外株式ETFを購入する需要は高いようなので,のちのちは全米株式インデックスや全世界株式インデックスなどの商品開発がなされる可能性はあるのかなと思います.

つみたてNISAは5年延長される.

2020年の税制改正大綱によると,2024年にNISAとつみたてNISAが一部制度変更される予定です.

つみたてNISAは,積立期間が5年延長されます.投資する期間が2043年まで延長されることになりますので,2023年までにスタートすれば積立期間20年間を確保することが出来ます.

ただ,2023年より前に積み立てたつみたてNISA資産に関しては,20年間しか非課税枠になりませんので,この点は注意が必要です.

NISA制度はイギリスのISA制度を模して作られています.イギリスのISA制度は年2万ポンド(約280万円)まで使えて,恒久化されていますので期間の設定がありません.

日本のNISA制度はISA制度に比べると明らかに見劣りしています.今後も変更がされていくと思いますが,日本人が投資する文化を醸成することが目的とするのであれば,すくなくとも恒久化は必要だと思います.

参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

投資を始めるなら
LINE証券
DMM 株
からどうぞ.