仕事

【働き方】残業してガンバってる感は評価されない.真の働き方改革が必要.

スポンサーリンク


残業してガンバってる感は評価されない.真の働き方改革が必要.

こんにちは!ミズキです.

働き方改革によって,企業も働く人も残業を減らす方向に移っていきました.

しかし,単純に働く時間を減らしただけで,働き方や仕事量が変わったわけではありませんから,本質的な働き方改革には至っていません.

日本も労働生産性は上がっていますが,他の国の方が上がり方が大きいですから,労働生産性の国際的な順位は相対的に下がっています.

抜本的に働き方を変えていく必要がありそうです.

スポンサーリンク


残業して頑張るは古い.

平成の時代は昭和の時代に比べて人事評価の仕方は変わったと思いますが,それでも長い時間会社に残って働いている人が評価されてきました.

忙しそうにしていれば,たとえ仕事をしていなかったとしても,雰囲気で仕事ができる人認定をされます.

今考えれば,成果を出さなくても一定程度の評価がもらえるので幸せな時代だったと思います.

今は成果を出さなければ,たとえ残業したとしても評価は上がりませんし,逆に残業しないと成果が出せない人と評価されてしまいます.

頑張るだけでは評価されない時代になりました.時間内でいかにアウトプットを出せるかが期待されています.

これは単に評価だけの話ではなく,ゆくゆくは出世できるかできないかの大きな分かれ道になってしまいます.

生産性を高める.スキルを磨く.

働いている時間内でいかに生産性高く仕事ができるかに重きが置かれるようになっています.

わたし自身は部下の評価をする際には,残業せずに仕事がこなせているかを考えて,こちらが考えるアウトプット以上のモノが出てくれば高い評価をするようにしています.

他の部署も同じようです.

今後は評価軸がアウトプット中心になると思いますから,地道に生産性を高める努力をするか,高度なスキルを得ることが求められるでしょう.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ