生活

読書が続かない時の対処法3つ

読書が続かない時の対処法3つ

こんにちは!ミズキです.

突然ですが,読書してますか?
コロナ禍で在宅勤務であったり,外出する機会が減ったりと,時間ができた方も多くいらっしゃると思います.ゲームやSNSなどを楽しんでもいいと思いますが,読書を始めてはどうでしょうか.

2019年2〜3月に文化庁が調査した「国語に関する世論調査(n=1,960)」によると,1ヶ月に1冊も本を読まない人は47.3%にのぼっており,読書量が減っていると答えた人が67.3%になっているそうです.わたしは週に2冊ほど(月に8冊ほど)本を読みますが,1ヶ月に7冊以上本を読む人はわずか3.2%だそうです.

本は非常に有益な情報源ですし,うまく活用すると仕事や勉強に活かせると思っていますので,まずはどうやれば続けられるかを3つ書き綴りたいと思います.今回は小説などの本は対象外とさせていただきます.

  1. 目次を見て,興味があれば読む
  2. 読みたい箇所だけ読む
  3. 漫画版で読んでみる

それぞれ説明をしたいと思います.

目次を見て,興味があれば読む

本を読むことに慣れていない人は,難しい本を読み始めて,わからなくなったり,飽きたりして読むのをやめることが多いと思います.興味がないことを続けるのは辛いですよね.本を読むことは自活ですから,相当意思が強くないと続けられません.

わたしが実践しているのは,本を取ったら,まず目次を眺めます.気になるところがあったら買ってみるという方法です.もし買うのに躊躇するようでしたら,図書館で手にとってみてもいいかもしれません.何度も読み返したいと思うようでしたら,購入してください.電子書籍の場合は,目次は見られないかもしれませんが,概要は載っていると思いますので,そこから確認してください.

読みたい箇所だけ読む

本の1ページ目から最後まで読み通す人が多いように思いますが,挫折する可能性が上がってしましますので,興味がある箇所だけ読んだ方がいいと思います.もし内容が面白かったり,学べることがあったら,最初から通しで読んでもいいと思います.

興味があって手にとってみたけれど,実際に読みたい箇所を読んでも特に面白くなかったり,すでに知っていることが書かれている場合は,読むのをやめても構わないと思います.別の本に変えましょう.わたしは10冊くらい読むのをやめた本がありますが,興味が出たらまた読み出すようにしています.

漫画版で読んでみる

これは有名なビジネス本であったり,歴史のような漫画に置き換えやすい書籍に限られるのですが,その本の漫画版を読んでみるのはいい方法だと思います.漫画なので,読みやすいのはもちろんですが,内容をイメージで捉えることができますので,原書を読んだ際にも難しいと感じるところがあっても,ある程度予測することができるようになります.

個人的には数えるほどしか試したことがないので,どの程度有効かは分かりませんが,本屋に行くと結構漫画版になっているところをみると,売れていると思いますので,この方法をとってらっしゃる方も多いのではないかと推測しています.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

出典:文化庁 平成30年度「国語に関する世論調査」の結果について