年金の話

【老後の話】貯めたお金を使い果たす.高収入ほど注意が必要.

2000万円では足りない.

こんにちは!ミズキです.

老後資金が2000万円足りなくなるという金融庁のレポートが出て,若年層の資産形成に対する興味が一段上がったと思います.

ただ,実際にこのレポートを読んだことがある人は1%にも満たないと思いますし,老後に必要なお金を計算した人はごく僅かでしょう.

2019年に公表された年金財政検証を見ると,若い世代は2000万円では全く足りないことが分かります.

老後資金を用意するためには十分な期間が必要になりますから,改めて考え直す必要がありそうです.

スポンサーリンク


高収入でも年金は少ない.

ねんきん定期便を受け取っていて,50歳以上の人であれば受給できる年金の見込額が記載されています.

現役時代高収入であったとしても,受け取れる年金はかなり少ないことになりますから,額面を見るとかなりあせることになります.

年金は高収入であっても受け取る金額がものすごく増えるわけではなく,年収1000万円を50年間続けて,それに見合う保険料を払い続けても,受け取る金額は年間300万円を超えるくらいにしかなりません.

高収入の人は支出が多い傾向がありますから,老後は切り詰めるか,貯蓄をしっかりしておくかの準備はいります.

3000万老後資金があっても足りない.

60歳で引退する予定で3000万円を貯めていたが,70歳までに資金を使い果たすというシミュレーションをされた記事を見ました.

相談者はおそらく高所得者で年収1000万円くらい,退職金も2000万円を超えるようなので,一見すると老後は安泰のように思えます.

しかしながら,収入に近い支出をされていて,貯蓄も少なくなっています.

そのままの生活を維持すると70歳までに資金がなくなるという算段です.

この相談者は引退までの期間も短く,年金も多くもらえる方でしょうから支出をコントロールできればなんとかしのげるでしょう.

年金給付の恩恵を受けられるギリギリの世代だと思います.

若い世代は投資は必須.

2019年に公表された年金財政検証では,最悪のケースとして所得代替率が37%の場合のシミュレーションをしています.

ざっくり計算すると,現役世代が30万円の収入の場合,所得代替率が37%だと年金は10万円くらいとなります.

現在の所得代替率は64%くらいですから,年金給付額は20万円くらいになります.

今の20代30代が65歳になるときがどのような状況になっているのかは分かりませんが,この世代は最悪のケースを想定すべきです.

若いうちからしっかりと投資をしておけば,十分に老後資金は準備できるでしょう.

年収が高い人も低い人も関係なく,老後の生活をイメージしておくことが必要です.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ