お金と投資

【老後の話】資産形成は預金では難しい.

【老後の話】資産形成は預金では難しい.

預金派は多いです.

こんにちは!ミズキです.

コロナ禍で特別定額給付金が10万円支給されましたが,2度目の支給は実現が難しそうです.こういった話があると必ずと言っていいほど詐欺の話が出てきます.

注意喚起がなされているのですが,ご老人が引っかかり数百万とか一千万とか大金が騙し取られる報道がなされます.

ご老人でなくても,数百万円単位で騙された話はよくあり,みなさんかなり高額の現預金をお持ちのようです.

老後のための蓄えかもしれませんが,少し違和感を覚えます.

ずっとデフレですが.

投資をした方がいいという話の際に,銀行の定期預金ではインフレになった場合に物やサービスが買えなくなってしまうので,数%でも増えるような資産を持つ必要があると聞きます.

確かに銀行の定期預金はネット系銀行でも0.2%くらいですからほぼ増えませんし,将来インフレになった場合は生活が苦しくなる可能性があります.

ただ,日本はここ20年30年はデフレになっていて,物やサービスはどんどん安くなっています.

そのせいで給料もどんどん下がっているわけですが,数十年デフレにあって,インフレのイメージは難しいのではないでしょうか.

現預金では厳しい.

日本が数十年デフレになっている中で,なぜ現預金だけでは資産形成が難しいかというと,労働収入だけでは将来必要な金額まで貯めることが難しいからだと思います.

もちろん,サラリーマンであれば毎月の給料はある程度決まっていますから,定年までおおよそいくらくらい貯められるのかは試算できるはずで,その金額が老後に使うお金を上回っていれば全く問題ありません.

ただ,ほとんどの人がそのような状況にはならないと思います.

そう考えると,資産形成をするためにはある程度資産運用をしなくては難しいですし,インフレやデフレとは関係なく投資をしたほうがいい理由になるのではないでしょうか.

適正な値を知る.

いろいろなところで詐欺まがいの話は聞きます.

特に投資に関しては「元本保証で年利20%」といった類はよくありますが,投資における平均利回りはおよそ5%程度であることを知っていればこういったうまい話が詐欺であることはわかります.

投資を始めるとリスクを取らなくてはいけませんし,長期間投資をすればその分リスクは増大します.

適正なリスクを取れる人は将来明るい未来が待っているのではないでしょうか.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ