生活

20年後は人口の半分が独身?日本の近未来.

人と会わなくなった.

こんにちは!ミズキです.

コロナ禍においては,仕事でもプライベートでもなかなか人と会うことが出来なくなりました.

男女の出会いが減ったとも言えますが,もともと日本は独身の割合が増えていましたので,これまでの傾向が少し加速した程のように思います.

この傾向はおそらく地方の方が顕著になるのではないでしょうか.

人口の半分が独身の近未来.

荒川和久氏,中野信子氏の共著である,『「一人で生きる」が当たり前になる社会』には,20年後の独身,配偶者有り(15−64歳),配偶者有り(65歳以上)の割合が掲載されています.

国勢調査等のデータを元に作成された図になっていて,今現在も独身が最多となっていますが,2040年にはその割合が47%にまで増加するとなっています.

1980年当時は66%が配偶者有りだったのが,60年で53%まで減っていますので,人口の半分が独身ということになります.

企業もソロに注目?

なかなか外出できなくなっていてお店に入ることもほぼないのですが,たまたまカフェに入ったときに1人用の席が準備されていて「なるほど」と思った記憶があります.

机に対面2席を用意するのが一般的ですが,壁際に机と椅子が置いてあって,ひとりでもお店に入りやすいようにされているのだと思います.

また,最近はひとり焼き肉が増えているようで,自分の好みの焼き加減に肉を焼けたり,タッチパネルで注文できたりと,人と会話しなくても完結できるような仕組みになっているようです.

こういったサービスは単純に独身だけではなく,ひとりでも食事をしたい人向けだと思います.

ただ,企業としては大きい市場を狙ってサービスを展開したいでしょうから,今後も拡大が見込まれる独身がターゲット層となることは予想できると思われます.

多様性が重要に.

わたし自身が独身なので肌身で感じているのですが,20代の頃は職場で早く結婚しろと言われたことが何度もあります.

いまこんなことを言ったらハラスメントになりますから,軽々には言えませんし,人々の考え方も違いますので結婚しなければいけないという感覚も無くなってきています.

日本の将来を考えると結婚することが重要だとは思いますが,多様性を認めつつ成長していける方法を見出すことが必要だと思います.

以上,いかがだったでしょうか.
参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

↓よろしければ,ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ