仕事

【働き方】上司が仕事で部下に信頼される方法3選.

【働き方】上司が仕事で部下に信頼される方法3選.

こんにちは!ミズキです.

コロナでテレワークとなっている会社は多いと思います.

自宅で仕事をしているため,部下とのコミュニケーションに関して不安を持っている管理職もいるでしょう.

わたしがトライアンドエラーを繰り返しながら実践している,上司が部下との信頼関係を構築するための方法3つを書きつづろうと思います.

  • 雑談を大切にする.
  • 傾聴する.
  • 言いにくいことも指摘する.

スポンサーリンク


雑談を大切にする.

部下に信頼される方法の一つ目は,雑談を大切にするです.

コロナになって自宅での仕事が増えて,部下とのコミュニケーションをとる機会が減ったと思います.

ただ,完全にゼロになることは無いでしょう.

上司と部下が一対一で面談する1on1ミーティングが増えていていますが,他にもウェブ会議開始前の少しの時間でも会話することはできます.

雑談をする際には注意して相手の言動を見聞きしましょう.

  • 最近の出来事の内容
  • 声のトーンや言葉の使い方
  • 会話の受け答えの早さ

などから,部下の心境や状況を把握して適切にフォローします.

何気ない会話からでも,仕事の状況やメンタルの部分も察することができると思います.

傾聴する.

部下に信頼される方法の二つ目は,傾聴するです.

傾聴はイメージしにくいかもしれませんが,

耳を傾けて熱心に聞くとか,相手が言いたいこと,伝えたいことを理解するために聞く

という意味になります.

つまり,部下の話をじっくりと聞いて,何を言いたいのか,何を伝えたいと思っているのかをくみ取る作業になります.

部下の話を傾聴すると,自ら状況を整理したり解決策を考えるような思考に向かうことが多いです.

人に話すということが糸口となるのかもしれません.

部下の話を傾聴するためには,上司は忙しそうにしていてはダメです.

話しかけづらいですし,時間を取ってくれないのではと思わせてしまいます.

わたしの場合は,スケジュールを6割埋めるくらいに抑えて,4割くらいは余白を持つようにしています.

管理職の場合は,予定外のスケジュールが入ることも多いですが,ここはなんとかガンバりましょう.

言いにくいことも指摘する.

部下に信頼される方法の三つ目は,言いにくいことも指摘するです.

上司と部下の関係の場合でも,言いにくいと思うことはあるでしょう.

例えば,部下が何度も同じミスをして,いよいよ叱らなくてはいけない場面があるとします.

パワハラが問題になる昨今ですから,少し注意するくらいで留めてしまう人が多いように思います.

こういった場合は,何が原因なのかをしっかりと指摘して,部下がきちんと反省できる状況にすることが大切です.

もちろん,反省させるために放っておくわけではなく,なぜミスが起きたのか,どうすればミスが防げるのか最後までしっかりとフォローします.

部下が反省し,立ち上がって恐れずに挑戦できるまでフォローするのです.

こうすることで,部下との信頼関係も構築できますし,仕事の生産性も上げることができます.

以上,いかがだったでしょうか.
わたし自身がトライアンドエラーを繰り返して考えた方法になりますから,全員が必ず使える方法では無いと思います.

ただ,一部分でも参考にしていただけるとうれしいです.
ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ